まずは、廃材を撤去しましょう。

修繕日記

こんにちは、まーたです。

今回は、前回からの続きとして、修繕活動の前半を綴ります。

まーた
まーた

『レア』な活動をするにも、事前準備は必要です

スポンサーリンク

本日の活動まとめ

本日の修繕内容は、以下の通り

  • 廃材のお片付け
  • 新しい浴槽(風呂釜)の設置

廃材は片づけましょう

修繕を行うにあたり、まずは廃材の片付けから。

空き屋の修繕にとって、何より重要なのは、清掃です。
基本的に以前住んでいた方の荷物が残っていることが多く、その片付けを行うところから全ての修繕はスタートします。

もちろん、必要な部分は手直しするのですが、何よりもゴミ処理をしたり掃除をしたりという、清掃活動が最も手間を掛ける部分です。

空き屋の修繕は、『清掃に始まり、清掃で終わる』

と言うことで、まずはお片付け。
本日のお屋敷は、大工工事を行った後なので、その廃材を片付けるところからスタートです。

では、どれだけの廃材があるのかと言うと…、

廃材ドドンッ!!

…ということで、割とあります(笑

画像だと大きさが分かりにくいですが、大人の身長ぐらいの板が、ゴロゴロ転がっていますので、これを片付けていきます。

まーた
まーた

廃材処理は、素手では危ないので、
キチンと作業手袋を装備してから行います

ちなみに手袋ですが、普通の方は軍手を使われると思いますが、それだとササクレが手に刺さってしまい、危ないです。

この様な作業の時は、手のひら側がゴム、手の甲側がメッシュになっている、作業用手袋を使った方が効果的

この様な作業グッズは、ホームセンターやネットでの購入、もしくはワークマン行けば手に入ります。

ワークマンは、近所のホームセンターよりも、とっても安価で役立つグッズが溢れていますので、お得ですよ!

ちなみに私はこんな装備を思い付かなかったのですが、嫁さんが事前に『ワークマン行ったほうがイイよ』と言ってくれたので、見つけるコトができました。嫁さん、感謝です!!w

ということで、作業開始。
少しずつ少しずつ、廃材を親方の車に積み込んでいきます。
兄弟子さんと二人で、コツコツ作業です。

兄弟子
兄弟子

まーたさん、ムリしないでくださいねー。
少しずつ、地道に運べばよいのでー。

 

まーた
まーた

ありがとうございます!

という感じで、ゆっくりコツコツと、汗をかきながら運搬作業。
マイペースで進めることができ、むしろ有酸素運動になってよいですねw

で、そうこうしている内に廃材撤去が完了しました。
親方の車は、廃材でイッパイですw

…こうして見ると、壮観ですねw

この廃材は、後で親方の倉庫に持って行かれるらしいです。
とりあえず廃材撤去はこんな感じで、完了です。

ということで、次はいよいよ浴槽の設置
浴槽は、既に親方が用意されて、家の外側に置かれていました


………、
…でも、大きすぎて家の入口から、浴槽が入らない!!w

じゃあ、どうしましょうか?と話していたところ、親方はこう言ったのです。

親方
親方

よし。
裏手の崖から、浴槽を持って降りましょう

まーた
まーた

が、崖から、浴槽を?!

ということで、どうやら裏手の崖から、浴槽を運び込みましょう、とのこと。

……どうやるのでしょうか??w

まーた
まーた

もう1回だけ、次回に続きます!

コメント