特別講座:床の補修編

修繕日記
スポンサーリンク

こんにちは、まーたです。

今回は、無料の修繕講座に行きましたので、そのレポートをしてみます。

まーた
まーた

床の傷をお直しするという、講座に参加してみました。

本日の活動まとめ

本日の修繕内容は、以下の通り

  • 床の修繕、入門編

無料講座に、参加してみました

私はとあるマンションに住んでいるのですが、その近くで無料の修繕講座が行われると言う話を聞き、参加して参りました。

内容は、『床の傷は、自分でお直ししましょう』というモノ。

多くの方は、床に傷ができた際に、専門の業者さんに発注してしまうと思います。

しかしホームセンターなどで売っている道具を使うコトで、自分でも床のお直しができますよ、というコトだったので、その内容を勉強して参りました。

入門編ですので、そこまで大した内容じゃ御座いませんが、
とは言え無料なので、学んでみたいと思います。

まずは、座学から

道具の解説から、入ります

さて、まずは道具の準備ですが、全ての道具は講座側でご用意頂いておりました。
あらかじめ傷の付いた木の板と、修繕用のキットですね。

今回使用したキットは、こちら。

このキットを使うコトで、床の凹みを埋めてしまいましょう。という講座ですね。

今回の傷は、凹み傷

道具の確認ができたら、次に座学です。

今回の修繕対象は、凹み傷(もしくは、えぐれ傷)と呼ばれる傷。
何かの角がぶつかってできてしまった傷ですね。

今回は講座用として、木の板に彫刻刀で傷を付けた、とのコト。

ちなみに、線傷と呼ばれる、凹みがほぼない筋の様な傷に関しては、このキットで修繕はできない、とのコトでした。

むしろこの線傷はとても難しく、職人さんにお願いした方がよいらしいです。
(キットの説明書には、線傷も対応と書いてますが、難易度は高いみたいですね)

今回は入門編として、この凹み傷を修繕してみます。

さっそく、実習です

座学が10分ぐらいで終了し、さっそく実習に入ります。

10分と言っても、主催者の宣伝で3分ぐらい使ってましたのでw、実質7分ぐらいの座学ですかね。

まずは、スティックを溶かします

直したい傷を定めた後、そこにクレヨンみたいなスティックを溶かして埋め込み、凹みを埋める。というのが基本的な流れ。

ただし傷は、木目の場所によって色が様々ですので、その木目の色に沿ったスティックを選ぶ必要があります。

ある程度の近い色のスティックを選び、ホットナイフと呼ばれる電熱コテを用いてスティックを溶かして、対象の傷に流し込んで行きます。

この状態では、溶けたスティックが盛り上がってしまっていますよね。

傷を埋めるどころか、余計に目立ってしまっています。

次に、ゴシゴシ擦って、削ります

そこで、次にこの盛り上がった部分を、付属のスクレーパーを使用して、削り取っていきます。

こんな感じで、傷の上にスクレーパーを乗せて、

ゴシゴシ擦ると、なんと盛り上がった部分が削れるだけでなく、板に馴染んで参りました!

更に、滑らかに仕上げます

ただこれでもまだ滑らかになってませんので、スクレーパーの反対側、斜面側を使って、より滑らかに仕上げていきます。

最後に、スポンジでより擦るコトで、埋めた部分を滑らかに仕上げます。

と、これで傷の修繕は完了、という感じですね。

慣れたところで、再チャレンジ!

ちなみに、これだとまだまだ目立っているなと思いましたので、別の傷で再チャレンジ。

別の傷では、少し色の違う2本のスティックを溶かして、傷の上に2種類の色を流し込みました。

そしてスポンジで擦って仕上げてみると…、

おお!イイ感じに、傷が分からなくなりましたね!

これだけだと、どこに傷があるのか分かりませんので、ちょっと目印を付けてみます。

この部分は、成功だと言えますね。

それにしても、毎回上手くスティックを調合するには、かなりの訓練が必要だなと思いました。

とは言え、そこそこの仕上がりだったとしても、それでもかなり傷が目立たなくなるので、割とお得な修繕方法かなと思いました。

本日のまとめ

本日は、無料の修繕講座のレポートをお届けしました。

毎回実践しながら学んでおりますが、時にはこのような講座に参加して、知識を蓄えるのも有意義だと思います。

次回からは、いよいよ新しい物件の修繕をお送りしますね。

まーた
まーた

修繕のレベルを、どんどん上げて行きます!

コメント